Kunta's Hobby Blog
テレワークで時間を持て余し競馬予想に時間を費やす事が増えました。各競馬場10,11レースを予想してし、前日までには無料予想を発表しています。基本は収支ZEROを目指して頑張っています。但し、外れたからといってクレームは受け付けません。他にはアイドル、アフェリエイト等色々と書いていきたいと思います。
日記

夕食後に飲んでいる薬

今、私が夕食後に飲んでいる薬を紹介します。

夕食後は8錠飲んでいます。

これだけでもおなか一杯になりそうです。

①ピーゼットシー糖衣錠2mg(1錠)

神経伝達物質であるドパミンおよびセロトニンの受容体を遮断する作用があり、不安や緊張をやわらげ、気分を安定させます。
通常、統合失調症、術前・術後の悪心・嘔吐、メニエル症候群(めまい、耳鳴り)の治療に用いられます。

②デパケンR錠200mg(4錠)

脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させるほか、ドパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進し、脳内の抑制系を活性化させ抗てんかん作用を示します。また、GABA神経伝達促進作用が抗躁作用へ寄与していると考えられています。
通常、各種てんかん、てんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)、躁病および躁うつ病の躁状態の治療に用いられます。

③エクメット配合錠HD(1錠)

血糖値を調節するホルモンであるインクレチンを分解する酵素を阻害し、血糖値に応じてインスリンの分泌を促進します。また、肝臓で糖をつくるのを抑制したり、筋肉での糖の利用を促進したりします。これらの作用により、血糖コントロールを改善します。通常、2型糖尿病の治療に用いられます。

④クエンメット配合錠(1錠)

クエン酸回路で代謝され、重炭酸イオンの尿中および血中濃度を上げることにより、尿や体液をアルカリ化します。
通常、痛風ならびに高尿酸血症における酸性尿の改善、アシドーシスの改善に用いられます。

⑤メトグルコ錠250mg(1錠)

筋肉での糖利用を促進したり、肝臓で糖をつくるのを抑制したりして血液中の糖(血糖値)を減らします。
通常、2型糖尿病の治療に用いられます。